読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pelvistaのブログ

骨盤マニアAIのお仕事&日常

明けましておめでとうございます。

みなさん明けましておめでとうございます。

本年も大口家、pelvista共によろしくお願い致します。

 

先月の施術のご案内以来の更新になります。
先月はご案内後直ぐに予約が埋まってしまい
キャンセルをお待ち頂く方も多く大変ご迷惑をおかけしてしまいました。

 

そのため平日、休日の境も無くなる程施術に施術をさせて頂きました。

ただ、私の中で気が付いた事がいくつか…


独身時代、新婚時代の様な馬車馬のごとくに働ける時代は終わっていました。

『私は仕事ができる事が幸せ』そう思って生きて来ました。
今でもそれは変わらずに
『家族の時間、家族が笑顔で幸せ』が急浮上して来たのです。


息子は現在1歳7ヶ月。
産まれた瞬間から今日に至るまで全てが可愛い盛りです。

 

子育てがひと段落なんてまだまだ未定。

しっかり整理すると私の最優先順位は我が子供です。
馬車馬の時代は終わり、新しい時代が始まっていました。

 

土日は出来る限り依頼をお受けするスタンスは1度辞め、

お休みの日をあらかじめ設ける事と

施術人数に上限を持ってお受けするスタンスとさせて頂くことになりました。

 

 

いくら待機児童だからと言っても現代はお金を払えば
息子を預かって頂ける機関を探せば1つや2つヒットする時代。

 

ただ、私はそれがしたくない。
わがままだけどしたくないの。

 

一般的な栄養学は私の中では非常識。
一般的な子供のおもちゃは私は中では非常識。
一般的な言葉掛けは私の中では非常識。
一般的な事でもが私の中では非常識がたっくさん。


長期的に預ける所ならばお互い折り合いをつけて許す所、お願いする所と
整理をして腹を括ってお願い出来ると思うんだけれど…。

 

そんな事を考えていると預けたいと心から思える方や園に出会うまで
このままでもいいかなーとか考えてしまう。

 

世間が大丈夫と言ったとしてもその世間は

いざという時に責任を一切取ってはくれない。

 

子供が自立するまでに起こる事全てはの責任は全てが親の責任。

それならば私は自分が納得した上で息子の責任を取っていきたいのです。


両立と言っても質のいい両立、質の悪い両立がきっとあると思う。


2017年は自分のルールの中で私だけの最上質の両立を組立てます。

見ててね、皆様、神様、仏様。